根石和子

わいわい、ガヤガヤ ゆららとゆられて どこへ行く… さぁ 旅がはじまる

二等身にデフォルメされた根石ワールドの子供達。
首から上が逆さまに着いて見える有り得ない不思議な仕草。
作家が感じた儘を見えるが儘に描いている。

今こういった描き方が流行ってるからではなく、もっと昔から、まだ奈良も村上も、誰も知らなかった時代から彼女はこういう世界を描き続けている。

私は彼女の作品に旧き善き昭和の薫りを感じる。
ファミコンなんて無くても、地面に棒で線を引いたり、ありとあらゆるものを使っていろんな遊びを考案しながら喧々囂々やってたあの頃。

今失われてしまった日本の原風景がここにある。

ギャラリーUG 佐々木

Painting